忍者ブログ
情熱の獅子たちによるブログ
[56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この1週間、ずっと僕の頭の中を駆け巡る言葉が
あります。

それは、「成長」という2文字。

みなさん。

例えば、今日。
例えば、この1週間。
例えば、この1ヶ月。


「オレは成長したぜ!」って自信を持って言えますか?





ちなみに僕は自信を持って言えません。


そもそも、なんで僕がこんな話をするかというと、さかの
ぼること1週間前。

僕が元上司の結婚式に出席をした時の話です。

元上司と僕が出会ったのは、僕が前に働いていたRと
いう会社でした。
 ※ちなみに今はどっちもその会社を卒業しています。

Rというのはその会社の頭文字なのですが、自分たちも
世間からもそう略して呼ばれてたりします。

世間的には超がつくくらい有名な営業出版会社。

「人材輩出企業」とも呼ばれるようなところで、色んな業界で
ここの会社の出身者なんて肩書きを目にしたりします。


結婚をした奥さんもバリバリのR社員ということもあり、
出席者の7割~8割が現役Rか元R。


「会社の忘年会かよ!」

 と、ツッコミたくなる異様なこの状況が懐かしくも心地いい。
そんな中で結婚式は進んでいきました。




スピーチをされる人もほとんどが(というか、新婦のお父さん
以外、全員)やっぱこの会社の関係者。
普段、営業やらマネージメントやらで人前のしゃべることの
多いここの人たちのスピーチは聞いてる人、すべてを引き込む
ような巧みな話術を披露しておりました。
みなさんがコネタを挟みながら笑いを取り、聞いてて勉強になる
スピーチをされていました。


その中で、よく出ていた言葉。

「新郎の●●さんは、代表取締役という役職に立ちながら、日々成長している」

「新婦の●●さんは編集長という立場で、メンバーたちの成長を喜んでいる」

「お二人でよい家庭を築きつつ、お互いに成長できるような環境を作ってほしい」

などなど。

誰の口からも「成長」という言葉が絶対出ててきてたんですよね。



繰り返しになりますが、Rという会社は人材輩出企業。

普段のミーティングや上司のお説教、メンバー同士のさりげない
会話からも嫌というほど「成長」という言葉が出てくるのが、ここの
社風だったりします。


そんなコトいう俺自身も…

「仕事で得たいものは、お金よりも成長だ」

「この営業目標いけたら、成長できるかな」

「クレーム処理だろうが、この仕事をこなしたら成長して、
自分の夢(今の仕事の編集者)に近づける」

など、ものの見事にその社風に染まっていました。


「…最近、そこまで成長って言葉に貪欲じゃないな」


成長したいって本気で願い続けてたあの頃の日々が
あったからこそ、今の自分の成長という言葉に対して
クエスチョンマークが出てきます。


んー。
30歳半ばの新郎でさえ、「成長、成長」言われてるんだ
から、今のオレはその3倍くらい頑張らないと。

なんとなく、自分の気も引き締められた結婚式でした。
 

PR

コメント
無題
割と俺らは成長という言葉には敏感かもな。

実際情熱はこの一年でだいぶ成長したと思うし。

オレ個人的には追いつきたい先輩がいるからその人に近づくことが成長への物差しになってる感じかな。
いつか追い抜いてやるぜ!ってどっかで思ってるし。
そんなこんなしてれば、キラキラ輝いた人生が送れるはず!と信じてやまないNO2でした。

たまにはまじめに返事してみた。
【2008/12/10 00:01】 NAME[NO。2] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[05/27 No.41]
[05/24 No.3]
[05/23 No.41]
[05/23 no.5]
[05/09 No.91]
最新TB
プロフィール
HN:
jonetsu_kirin
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事